biboma»余暇活動

Registered 2022.01.10

目次

クロスステッチとは

刺繍用の麻布(目が方眼にそろっている)に連続する×(クロス)を刺し、文字や絵を描く刺繍です。

完全にドット絵ですが、刺し方にルールがあること、そのルールをどこまで厳密に守るか、刺す順番はどうするかなどを考えると、刺す前の時間のほうが長かったりします。

また、糸をつぶさずふっくら刺すことなど、きれいに仕上げるコツがたくさんあるので、ただ刺せばいいというものでもありません。

ドット絵ではありますが、解像度によって難易度も上がり、HAED(Heaven and Earth Designs)は油絵やアクリル画のようになります。

ドット絵ならデジタルが強い

クロスステッチの図案はネット上に無料公開されているものや、書籍などで販売されるものがあります。

その種類も数も豊富ゆえに自分好みのものを見つけるのは大変です。

刺したいけれど好みの図案が無い。ならば作ればいい。

と、ハンクラ好きなら考えるでしょう。

オリジナルを作ろう

ドット絵をつくる方法はいくつかあります。

一番簡単なのはドット絵アプリの導入ですが、「図案として出力できる」ものを探すとなると大変かもしれません。ガイド線が入っている必要があり、場合によっては印刷も考えなくてはいけないので、アプリの検討に時間がかかります。

Excel方眼は簡単に作れる方法です。行列のサイズを方眼になるように設定し、セルに色を付ければいいだけです。書式設定で「セルに1を入力したら赤」などを行えば、さらに使いやすくなります。

Illusttatorは■を作り、特色で色設定を行い、1つ1つ配置いていく地道な方法がありますが時間がかかります。

Illustratorならイラストを図案化できる

Illustratorで文字や図形(写真除く)を配置し、「モザイクオブジェクトを作成」すればドット絵になります。

  1. [編集]→[環境設定]→[一般]→[アートワークのアンチエイリアス]のチェックを外します。
  2. [表示]→[ピクセルプレビュー]にチェックを入れ、ドット絵風に見えるようにします。
  3. イラスト全部を選択し、ドット絵っぽくなるまで縮小します。
  4. 別レイヤを作成しドット絵の枠線を作ります。できたらレイヤをロックします。
  5. 再びイラストを選択し、[オブジェクト]→[ラスタライズ]でスクリーンを選び、アンチエイリアスなしで実行します。
  6. [オブジェクト]→[モザイクオブジェクトを作成]でイラストをドットに分割します。「現在のサイズ」「新しいサイズ」「タイルの数」を同じ値にすること。
  7. 表示方法をオーバービューに戻して不要な部分を消し、微調整して完了です。

ドットをクロスにしたい時は、ドットを選択し[効果]→[形状]で角丸長方形にした後に回転します。さらに回転コピーすればクロスステッチ風になります。

ここまでやると刺したときのイメージがしやすいかもしれません。

トップへ