biboma»技術習得

Registered 2022.08.03 Update 2022.09.16

目次

症状

IllustratorCC(26.3.1 64bit)を起動したときに「gude-2022-07-15.log」など、起動日付きの謎ファイルが生成されることがあります。最初は時々だと思っていましたが、ここ数日は毎日自動生成されています。

ファイルの生成される場所は縦横無尽。

デスクトップ、Illustratorを起動前にフォルダ内のファイルを開いたらそのフォルダに有り続ける。

Illustatorが起動している時はこの謎ファイルを開こうとしても「プロセスで使用中」のメッセージが出て開けません。

Illustratorを終了して謎ファイルをメモ帳で開くと内容は以下の通り。

08:26:32:612 [WARN]Request Failed. 
ErrorCode: 32 errorMessage: Network Error, Receive Response Failed. 
WinHTTP Connection Error. last error code = 12030

何らかのネットワークエラーが生じているようです。

正規ライセンスなんですが、何が起こっているのか。

解消方法

  1. Illustratorを終了する。
  2. Illustratorの環境設定ファイルを削除(または名前を変更)する。
  3. Illustratorを起動する。

Windows版の環境設定ファイルは「C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Illustrator <バージョン> Settings」にあるファイル名「Adobe Illustrator 環境設定」です。

該当フォルダ及びファイルは隠しファイルなので、Windowsのエクスプローラで[表示]タブ→[表示/非表示]グループ→[隠しファイル]のチェックボックスにチェックを入れてください。

尚、上記はPhotoshopなどのAdobe系アプリが起動できなくなったときの対処法でもあります。

この現象が起こる理由

CC版以前の買い切り版のPhotoshopが起動しなくなる現象が頻発した時期がありました。

その時はPhotoshopの環境設定ファイルが原因で、症状が発症したら都度、対応していました。

CC版を使うようになってからは経験がなくなり、すっかり忘れていましたが、やっぱり発生はするようです。

Adobe系の特徴的なバグのようですね。

後日、再びlogファイルが復活。しかし、内容は違う

なお、上記の環境ファイルの作り直しを行い何日か経った頃、また発生しました。
ファイル名は「gude-2022-XX-XX.log」と相変わらずですが、内容が変わりました。

08:35:29:557 [ALWAYS] GUDE Logging Started
08:35:29:558 [INFO] gude policy POLICY_USER limit (4,4,1) chunk 2097152,
chunking (UL 0 DL 1), resXfer 1, adapt 0, NSURL 1, timeout 86400 
08:35:29:558 [INFO] Initialized -- gude-lib version: v0.10.4 app: gude

何らかの指針をチェックしているけど無いね、って感じですかね。
こちらも上記の「環境ファイルを作り直す」を試したところ、勝手にファイルが生成されなくなりました。

と思ったのですが、その翌日、再びlogファイルが生成されました。
内容は2回目と同じ「gude policy POLICY_USER limitがどうのこうの」というものです。

再度環境ファイルを削除してIllustratorを起動すると、logファイルは生成されなくなります。
しかし、パソコンの再起動や電源を入れ直し後にIllustratorを起動すると、logファイルが生成されるようになりました。

つまり、環境ファイルを削除するだけでは無理ということです。
もう少し状況を整理してみます。

症状が出ている機体

  • OS-Windows10 Pro 21H2 (64bit)
  • プロセッサ-Intel(R) Core(TM) i5-9400
  • 実装RAM-16.0GB
  • ローカルユーザーでログイン
  • Illustrator 26.5(64bit)←アップデートされていました

症状が発生する条件

  1. パソコン内又はサーバ内のIllustratorファイルを開くと、そのフォルダ内にlogファイルが生成される。
  2. Illustratorアプリを起動した状態でIllustratorファイルを開くと、logファイルは生成されない。
  3. 環境ファイルを削除するとlogファイルは生成されなくなるが、パソコンの再起動や電源の入れ直しで生成されるようになる。
  4. logファイルの内容は「ガイドラインが見つからない」という内容。

考えられること

ファイルが見つからないとは、ファイル自体が無いか、ファイルにアクセスできないことを意味します。
環境ファイルを削除するとlogファイルができないのならば、アクセスできないと思ったほうが現実的。
アプリを起動し続けているとlogが生成されないのでAdobeアカウントの問題かもしれませんが、それなら別の画面が出てきます。

もしかしたら、Microsoftアカウントではなく、「ローカルユーザーでログインしている」ことで認識エラーを起こしている、さらに言えば「ユーザー名に_(アンダーバー)を使っている」ことも問題かもしれません。

アカウント名の問題でガイドランファイルにアクセスできないのではないか。
というわけで検証開始です。

検証作業

  1. Illustratorの環境ファイルを削除する。
  2. ローカルユーザー「test46」を作る。
  3. パソコンの電源を落とす。
  4. パソコンの電源を入れ「アンダーバー入り」のいつものユーザーでログインする。
  5. Illustatorのファイルをダブルクリックで開く。この時同時にIllustatorが起動する。
  6. この時点でlogファイルは生成されない。
  7. 環境設定を個人用に手動で変更する。
  8. Illsutatorアプリを終了する。
  9. 「アンダーバー入りログイン名」の状態で、もう一度Illustatorのファイルをダブルクリックで開く。
  10. logファイルが同一フォルダに生成される。
  11. Illsutatorアプリを終了してlogファイルを削除する。
  12. ローカルユーザー「test46」に変更する。
  13. Illustatorのファイルをダブルクリックで開く。
  14. logファイルは生成されない!
  15. 環境設定を変更してIllustratorを終了。
  16. もう一度Illustatorのファイルをダブルクリックで開く。
  17. logファイルは生成された!ログイン名は無関係?
  18. 「15」で変更した箇所を戻りしてIllustratorを終了し、logファイルを削除。
  19. 懲りずにIllustatorのファイルをダブルクリックで開く。
  20. logファイルは生成されない!!!
  21. ログイン名ではなく、環境設定を初期値から変更したことが原因と判明。

判明!そして解決。Illustratorのgude-logファイルが生成される原因と解消方法

環境ファイルを削除すると生成されなくなるのは「内容がネットワークエラー」のgude-yyyy-mm-dd.logファイルです。
こちらは一度環境ファイルを削除すれば再生成されません。

そして「gude policy POLICY_USER limit」がどうとかいうgude-yyyy-mm-dd.logファイルは、Illustratorの環境設定のうち「一般→ドキュメントを開いていない時にホーム画面を表示」のチェックを外すと生成されます。
デフォルト(初期値)でチェックが入っていますが、鬱陶しいのでチェックを外してこのバグに当たりました。
バグ、バグですよね、以前はこんなファイル生成はありませんでしたよ。

なお、他の環境設定でも起こる可能性があるので、お困りの方はご自身で検証してみてください。
「環境設定のリセット」で戻して、1つ1つ戻していけば該当箇所が見つかります。

ところでホーム画面って必須ですか。
私はインストール後は真っ先に「表示しない」に設定します。

Adobeさん、早く直してください。

トップへ