ここから本文です

Microsoft Word

Microsoft Wordでは、そのファイル中で使用している全ての書式を見ることができるので、それを利用します。

  1. Word2010ではホームリボン「スタイル」の右下にあるボタンをクリックしてください。
  2. 表示されたスタイルウインドウ最下段の「オプション」を選択してください。
  3. 別画面のスタイルウインドウオプション画面のうち、表示するスタイルから「使用中の書式」を選択します。

この操作を行なうと、使用中の文書内で定義している書式を一覧表示します。この一覧中に特殊フォントがある場合、その箇所を修正します。

しかし、数式エディタで作成した数式やオブジェクト内の文字は、「スタイルと書式」で検索できません。

Adobe Acrobat

Acrobatでは、文書のプロパティから確認することができます。

  1. メニューバー「ファイル(F)>文書のプロパティ(D)>フォントタブ」を選択します。
  2. フォント名の横に「埋め込みサブセット」があると、そのフォントは埋め込まれていることになります。

埋め込まれたフォントは「PDFの最適化」で消すこともできますが、明朝体などの日本語フォントやsymbolなどの特殊フォントは削除できません。

その場合は、オリジナルファイルから処理を行なってください。

本文終わり