ここから本文です

使用禁止文字(禁則文字)やフォント

以下は、Microsoft OfficeやAdobe Acrobatでの説明になりますが、他のアプリケーションでも似たような方法で対処が可能です。

対処方法

「管理ファイル作成時で機種依存文字等が必要な場合、平仮名もしくは片仮名などの標準化された全角文字で表現する。オリジナルファイル作成時も可能な限りそれに準じることが望ましい。」とされていますが、可能ではない場合は以下の方法で対処します。

以下は、Microsoft OfficeやAdobe Acrobatでの説明になりますが、他のアプリケーションでも似たような方法で対処が可能です。

チェック方法

XMLやPDFのチェックは、電子納品作成支援ソフト及び官公庁のチェックソフトで行ってください。しかし、オリジナルファイルの作成時にチェックする方法はないのか。以下がその説明です。

ところで、農林水産省のチェックソフトでは管理ファイル内の使用禁止文字(禁則文字)をチェックしても、報告書ファイル(PDF)はチェックしません。「オリジナルファイル作成時も可能な限りそれに準じることが望ましい」ってことなのでそれほどこだわらなくてもいいんでしょうか。

でも、機種依存文字を使いまくったファイルにフォントを埋め込んでいないと、環境によっては文字化けすることがわかっているんだから、もうちょっと配慮があってもいいような気もします。

本文終わり