ここから本文です

数式エディタの扱い

Microsoft Word2010の挿入リボン「オブジェクト」にある数式エディタで作成した数式は、PDF変換時に「フォントの埋め込み」となる可能性があります。

それは、数式のスタイル定義に表示されるフォントの中で特定のフォントが存在する場合、たとえそのフォントを使用した文字がなくてもフォントを埋め込みます。

数式エディタ中でのフォント操作

数式エディタを使用する場合、スタイル定義で定義されるsymbolフォント等の特殊なフォントに問題があるので、フォントそのものを変更する方法が有効です。

  1. 数式エディタで書かれた数式上をダブルクリックし、「スタイル(S)>スタイルの定義(D)」を選択します。
  2. 表示されるウインドウ内のフォントから、Symbolフォントを別のフォントに変更します。

画像に置き換える

どうしても特殊なフォントを使用しなくてはならない場合、画像に置き換えることもできます。

  1. 数式上を右クリックし、「コピー」を選択します。
  2. 画像加工ソフト(ペイントなど)を起動し貼り付け、サイズの修正等をした後、画像ファイルとして保存します。
  3. Word上で作成した画像を呼び出します。

この方法では、画像の解像度の調整、PDF文書の検索機能に引っかからないなどの問題が発生します。

本文終わり