ここから本文です

内容

何気に使っているかもしれない差別用語、Website作成で使われる言葉の意味とその使い方、同じ意味だと思っているけど実は微妙に違う言葉の説明です。

Websiteとして扱う内容によっては要注意な感じの用語が多いです。

Challenged
要するに、言葉の解釈の仕方ってことでしょう。
タイピングタッチ
視力に障害がある人支援系サイトでは「ブラインドタッチ」を連発してはいけない。
Website
最近改まってきた某ジャパニーズイングリッシュの本当の使い方。
JavaScript
JavaScriptをJAVAやJScriptと略してはいけない。
シンボル・ロゴタイプ・ロゴマーク
この3語は全て違いものを意味しています。

そんな感じの内容です。

本文終わり