ここから本文です

はじめに

HTMLやXHTML等で使用するタグには意味があります。その意味を理解し、表示してくれるのがブラウザ。しかし、ブラウザが違えば表示のされ方も変わってしまうのが現状。

そこで自分の使うブラウザで表示できるから、という理由でタグの意味を無視してしまう。その方法を推奨し、サイト作成リファレンスで解説してしまう方がいらっしゃるのもまた現状。

某所にて聞いた会話では、Website作成を行う会社では納期とクライアントの要求する見栄えが重要であって、W3Cで推奨する正当(valid)な記述はどうでもいいとか。タグやCSS・ユーザビリティを覚えるよりソフトの使い方を覚えろ、なんて後輩らしき人に熱く語ってました。企業のWebsiteが重たく使いにくい、IEしか受け付けない等の理由はそれか。なんて納得しました。

というわけで、閲覧者に配慮したWebsite作成に興味のない人は読んでも面白くないと思います。

タグに関する注意事項

Websiteを作成する人が注意することです。

その他

もう少し他者への配慮すべき点をユーザビリティの観点から解説します。

本文終わり