biboma»技術習得

Registered 2022.09.09

目次

WordにExcelを埋め込む方法8選

WordにExcelを埋め込む方法として以下があります。

1.Excel上で範囲指定してコピー→Wordで[形式を選択して貼り付け]

2.Word上で編集可能なExcelを埋め込む

Excel上で範囲指定してコピー→Wordで[形式を選択して貼り付け]の6種

Excelのコピー機能とWordの貼り付け機能で貼り付ける方法です。

WordにExcelを貼り付ける操作

1.[貼り付け]→[Excelワークシートオブジェクト]

Wordに貼り付けたオブジェクトは、Word上で編集可能です。
元のExcelファイルとはリンクしていないため、Excelファイルがなくなっても問題ありません。
また、元のExcelファイルを編集しても、Word上に配置されたものには編集内容が適用されません。

2.[リンク貼り付け]→[Excelワークシートオブジェクト]

Excelファイルがデータリンクした状態で埋め込まれます。
Wordを開くと「この文章には、他のファイルへのリンクが含まれています。リンクされたファイルのデータでこの文書を更新しますか?」とメッセージが表示されます。
「はい」を選ぶと更新したExcelが、「いいえ」を選ぶとWordを最後に保存した時のデータが表示されます。

埋め込んだ表をダブルクリックするとExcelが開きます。編集はExcel上で行うので、比較的大きな表や複雑な表を埋め込むのに向いています。
元Excelファイルが無くなると埋め込まれたデータは残りますが、編集ができなくなります。

3.[貼り付け]→[図(拡張メタファイル)]

Excelの選択範囲全体が1つの図として貼り付けられます。
編集は不可能ですが、データ容量が軽いです。

4. [リンク貼り付け]→[図(Windowsメタファイル)]

Excelの選択範囲全体が1つの図として貼り付けられます。
Excelデータとリンクしているため、編集したい時は元Excelファイルが必須です。

5.[貼り付け]→[ビットマップ]

ビットマップ画像として貼り付けられます。
内容の編集はできません。
画像のためオブジェクトの位置ズレはありませんが、解像度が低くぼやける可能性があります。

6.[リンク貼り付け]→[ビットマップ]

ビットマップ画像として貼り付けられます。[貼り付け]した時と同様の解像度です。
Excelデータとリンクしているため、編集したい時は元Excelファイルが必須です。

Word上でExcelワークシートを埋め込む

Word→[挿入]タブ→[表]→[Excelワークシート]で埋め込む事ができます。

Excelワークシートを埋め込む操作

新規のExcelワークシートが埋め込まれます。
別途Excelファイルは不要であり、Word上でExcelを操作する方法です。

表をダブルクリックすると内容を修正できますが、編集画面が使いにくいです。
単純な計算表やグラフをしたい時におすすめです。

埋め込まれているExcelの罫線表示を非表示に置き換え、必要な罫線を設定すると見栄えが良くなります。

Word上でExcelオブジェクトをリンクして埋め込む

Word→[挿入]→[テキスト]→[オブジェクトの挿入]でファイルから参照し、[リンク]にチェックを入れて配置できます。

Excelオブジェクトをリンクして埋め込む操作

元になったExcelファイルがデータリンクした状態で埋め込まれます。
Wordを開くと「この文章には、他のファイルへのリンクが含まれています。リンクされたファイルのデータでこの文書を更新しますか?」とメッセージが表示されます。
「はい」を選ぶと更新したExcelが、「いいえ」を選ぶとWordを最後に更新した時のデータが表示されます。

埋め込んだ表をダブルクリックするとExcelが開きます。編集はExcel上で行うので、比較的大きな図表や複雑な表などを埋め込むのに向いています。

ただし、Word操作が遅くなることもあるのでご注意ください。

WordにExcelを埋め込む方法の使い分け

どの方法をとっても良し悪しがあります。
利用する意味をしっかり確認してから作業を行いましょう。

元になるExcelデータが必要

「リンク貼り付け」又は「オブジェクトをリンクして貼り付け」でExcelデータをリンクした貼り付け方法を選択してください。
元データが無くなると編集不可能になるため、データ使用者全員に周知徹底してください。
リンクを忘れたデータをもらってひどい目に合ったことがあります。

データは軽い方がいい

[貼り付け]→[図(拡張メタファイル)]で解像度が落ちない図として貼り込む方法が適しています。
データリンクしないので、元データを修正したら貼り直してください。
更新忘れのグラフを発見して担当者に突き返したことがあります。

オブジェクトのズレが気になる

[ビットマップ]を貼り付けてください。
画像がぼやけることもありますが、Excel特有のズレとは無縁です。
ぼやけた場合は、印刷結果や画面の表示結果にうるさい人に要注意です。

トップへ