biboma»自己防衛

Registered 2022.01.10

目次

迷惑メールフィルターとは

迷惑メールとは「広告など受信者が意図しない不要なメール」を「名簿業者等が集めたメールアドレス」へ送信したメールのことです。

そんな一度に大量送信されたメールや、特定の文字列のあるメールを拒否する機能が「迷惑メールフィルター」です。

これのおかげで皆さんのメールボックスにゴミが溜まりくくなっています。

迷惑メールを送られるメールアドレスは、「どこかのサーバーからうっかり漏れた」ものや、「意図して漏らした」ものなどを収集して名簿業者に売りに出され、他の業者などをぐるぐる回っている状態です。

一度漏れたものは回収できないので、迷惑メール対応には「迷惑メールフィルターを使う」か「メールアドレスを変更する」などの対策が必要です。

「迷惑メールフィルターを使う」では、メールサーバー側で行う設定と、メールアプリ上で行う設定があります。

メールサーバー側の設定

個人でメールアドレスを取得すると、そのサービス内に「迷惑メール」に関する設定があり、取得時に設定するかと思います。

企業で使うメールも同様の機能を通しています。システム担当者が設定しているため、従業員へ「あなたのメールアドレスはこれです」と渡した時点で、迷惑メールフィルターがかかっています。

もし変なメールが来るようになったら、システム担当者へ報告してください。

メールアプリの設定

アプリにもよりますが、メール受信時に「迷惑メールフォルダ又はゴミ箱に自動振り分けしてくれる機能」があります。

これはメールアプリに搭載された基本設定のほかに、自身で設定した「迷惑メール」も対象にしてくれますが、この設定が暴走することがあります。

迷惑メール設定していない取引先のアドレスが勝手に振り分け対象に入っているというものです。

なぜ起こるのか具体的な理由はわかりませんが、アプリ内のデータ整理を放置すると起こりやすいように感じます。

整理整頓の大切さが身に沁みます。

トップへ