biboma»自己防衛

Registered 2022.01.10

目次

開封確認メッセージとは

メールアプリの機能で「受信側がメッセージを開いたら『開封確認メッセージ』を送る機能を実行させる」設定のことです。

  1. 自身のメールアプリの基本設定で「開封確認の返信を送る設定」を行う。
  2. その設定を生かしたまま、メールを送信する。
  3. 受信側がメールを開くと「開封確認メッセージを送りますか」等の表示が出る。
  4. ここで受信側が「開封確認メッセージを送る」を実行すると、送信側に確認メッセージが行く。

という感じの流れです。要するに、既読メッセージを送ってもらうシステムです。

アプリによって返り方が異なる

受信側から開封確認メッセージを送るとき、何かを入力することは基本的にできません。

あくまでアプリ同士のやり取りとなるためですが、これに問題もあります。

メールアプリ「Thunderbird」の開封確認メッセージは「英文のメッセージ」で送信されます。そのため、開封要求をした側はウイルスメールを受信したと勘違いすることがあり、Thunderbird利用者は開封確認メッセージを送りません。

自身が書いた日本語メッセージを送る方法もなくはないのですが、アプリの深い部分を書き換える必要があるため、通常は行いません。

私は返信しています

以上のようなことを経験しているため、私はメールアプリの「開封確認メッセージ機能」は信用していないし実行もしません。

開封確認の要求をするメールを受信したときは、メールの「返信」を行います。これが無難です。

また、こちらから確認したい時は「開封確認メッセージ」ではなく、本文に「返信してほしい旨を記載」しておきます。

「電話で確認する」という古い手段もあるようですが、私はやったことがありません。

しいて言うなら「メールでは伝えきれない補足事項があった場合、メール送付後に電話する」くらいですかね。相手のデータが意味不明すぎた時の問い合わせがこれに当たります。

トップへ