biboma»技術習得

Registered 2022.04.10

目次

Excelの作成画面、印刷プレビュー、プリンタの出力結果が全部違うのはなぜか

Excelの出力結果がおかしいのは仕様です。Excel97から使っていますが、解消しません。

WordやPowerPointもズレますが、Excelほどひどくありません。

開発チームが違うからこの現象が起こるらしいです(真偽不明)。

印刷時のExcelオブジェクトの配置ズレに対処方法はあるのか

Excelオブジェクトの印刷ズレ対策は絶対ではありますが、無くは無い、と言えます。

力技や利便性を失いますが、できます。

【力技】シートの量産

常に同じプリンターで印刷するなら、そのプリンター用のズレ幅を意識したファイル作成を行うことで解決です。

そんなことをしたら画面上でズレる?

同一ファイル内に「画面用シート」と「プリンタ用シート」を作り、値は数式で参照すればいいのです。

無駄は多いですが確実です。

【利便性無視】画像化する

画像にしてしまえば概ねズレません。

該当セル範囲を選択してコピー、別セルを選択後に[貼り付け]→[図]で完全画像化します。

[貼り付け]→[リンクされた図]では通常のExcelと同じなので高解像度ですが、ズレます。

[オプション]→[リボンのユーザー設定]→[すべてのコマンド]→[カメラ]も通常のExcelと同じなので高解像度ですが、ズレます。

Excelの画像化

そのほかの画像化方法もありますが、結果は同じなので割愛します。

また、完全画像化には問題点もあります。

解像度の落ちない「リンク画像」や「カメラ」はズレ、画像(PNGやJpen)では利便性が悪いです。

【解決できない】オブジェクトを結合する

多少のズレは収まりますが、ズレ自体は発生します。

Office Word 2013~2017時代は「新しい描画キャンパス」内にオブジェクトを配置するとズレ対策になっていましたが、厳密にいえばズレます。

Excelには「新しい描画キャンパス」が無いのでどうにもなりませんね。

そもそも正方形のオブジェは正方形で出力できてますか?

Excel2013時代にどれほどズレが生じるのか検証したことがあります。

Excel、Word、PowerPointで「5センチ四方の正方形」を描き、同じプリンターで出力した結果を同一の定規で測る、という単純なものです。

Excelは見ただけでわかる長方形、WordとPowerPointは見た目で違和感を感じる上下1mm前後のズレが生じました。

このページを書くため、Office2019で再検証を行いましたが、Excelは上下1mm前後のズレ、WordとPowerPointほぼピッタリでした。

多少の改善が見られます。

この分ならExcel2025あたりで作業画面とほぼ同じになってくれそうですね。

DTPの現場ではどうしているのか

冊子などを作るDTPの現場では、ExcelをPDFに書き出した後、別アプリで修正します。

  1. ExcelをPDF化する。どんな手段でも構いません。
  2. PDFをAcrocatProで開き、アウトラン化する。
  3. Illustratorで開き、修正。Illustratorファイルにする。
  4. Indesignに配置し、冊子化する。

基本的にそのまま使うことはありません。というか、使えません。線も変になりますから。

契約で「そのままPDF化して、一切手を加えない」時くらいしかそのまま使いません。

まぁ、あまりにひどいときは修正しますけどね。

Excelの印刷でオブジェクトがズレ対処法のまとめ

現時点でのExcelの印刷については、ズレるのは仕様と思ってください。

作業画面で1枚に収まっていても、プレビュー画面や出力紙ではみ出すのも仕様です。

上司に「どうしてズレているんだ!」と言われたら、上記の状態をお知らせし、どのように対応するか相談すると良いでしょう。

私の経験上、「画面用シート、プリンタ別印刷用シートを分ける」になる可能性大ですけどね。

トップへ