biboma»技術習得

Registered 2022.11.10

目次

Microsoft Officeは2つの種類がある

Officeは大きく分けて2つあります。
タイトルに発売年度の年号がある「買い切り版」と、Office365「ライセンス版」です。

似たような名前のものも含めて簡単にまとめると、以下のとおりです。

製品名ライセンス機能
Office2021買い切り版一度購入するとずっと使えるOffice製品
Office365ライセンス版年間契約で別バージョンも使えるOffice製品
Microsoft365ライセンス版WindowsやOfffice365が使える
Windows365ライセンス版仮想デスクトップ環境を想定したWindows

Office365(年間契約)

Office365は必要な機能にあったプランを年間契約で利用できるサービスです。

特徴

私的に考える利用条件

データの共有相手がOffice365利用者であること

Office365は毎月機能拡張があるため最新版を使える優位性がある一方、別バージョンとは動作が異なる部分もあります。

Excelなら関数や条件付き書式などに違いがあります。ネットで調べれば出てくるもの、実際に動かしてわかるものなど様々です。

しかし、使用歴がOffice365のみの人でそれらを理解している人は少ないです。
別バージョンとデータのやり取りをするなら互換性を意識したデータを作るスキルがあると良いです。

また、Excelの互換性のチェック機能を使ってくれれば良いのですが、一般ユーザーはそれすら知らない事が多いです。
バージョンの誤情報を渡しておきながら電話で「あなたが対応して」って言われましても、遠隔地にある取引先のパソコンは触れないので無理ですよ。

VBAを使わない

毎月機能拡張などが行われるため、VBAが突然動かなくなることがあります。
各種Officeやアプリに対応したVBAを書ける人やトラブルを自力解決できるスキルが無いと、共有するファイルでVBAは使わないほうが良いです。

ライセンスサーバの問題で数日使えなくなっても問題ない

今ほどOffice365が使われていなかった頃、日本向けライセンスサーバの不具合で数日間、Office365が使えなくなりました。
当時の勤め先では使っていませんでしたが、取引先が被害に遭い、導入を検討していた勤め先は導入を見送り、バージョン固定のライセンス版(企業向け)を使い続けました。
そしていま現在、全く異なる業界におりますが、やはりOffice365は使っていません。

未だにライセンスサーバの認証エラーがあるので使いたくない、というのがシステム担当のお言葉です。

仕事にならないので今日はお休み、って言えるならOffice365を選びたいですね。

システム管理者が必要

上記のような問題発生時に対応できるスキルを持つ人が必要です。
企業ならばシステム担当者がいるので押し付けられます。
個人なら、あなたがシステム担当者です。

Office2019や2021などの買い切り版

購入すればずっと使い続けられるバージョンです。

特徴

私的に考える利用条件

使える期間はサポート期間終了まで

1度購入したらパッチは当てられますが、最新機能の追加はありません。
買い切りなのでいつまでも使い続けられます。

しかし、サポート期間があり、終了するとバグやセキュリティ脆弱性などの修正パッチが提供されなくなり、買い直しになります。

VBAを使う、業務アプリを作る

VBAや業務アプリをつくる人は買い切り版も購入するケースが多いです。
Office365の拡張機能は魅力的ですが、エンジニア的には不安定感を問題視するようです。
外注制作のアプリを導入しているとOfficeの買い替え時に買い切り版をすすめられます。
業務アプリは長期間の運用を想定して作るので安定感を求めます。

違うバージョンを使う人とやり取りする可能性がある

高頻度で様々な人とデータのやり取りがあると、誰でも扱えるデータ作成が必須スキルになります。
また、相手がIT系に詳しくないと「バージョンを聞いてもわからない」現象はよくあります。
データ作成者側で対応しなければならないので、Office365のように何も知らずに最新機能を使ってしまうことのない買い切り版が有利です。

Officeを毎日使う

買い切り版はライセンスサーバの不具合に巻き込まれないので、毎日起動できます。
パッチ当てで不具合が起こってもすぐに戻せます。

おすすめはどっち?

安く済ませたい、管理を楽にしたい、多くのOSに対応させたい、複雑な機能を使っても他環境とデータ共有しない、不具合やトラブルは自分以外の誰かが対応する環境にあるならOffice365を買いましょう。
1ライセンスで複数端末・OSにインストールでき、機能追加やクラウドストレージがあるのは魅力的です。

Excel関数やピボットテーブルなどの機能を駆使する予定がある、VBAを使う、ExcelやAccessで業務アプリを作る、異なる環境とデータ共有が頻繁にある、動かないときの対応は自力でできる・もしくは対応可能な環境にあるなら、動作に安定感のある買い切り版がお買い得です。

トップへ